アナログ管理に終止符!クラウド化した勤怠管理や人事管理システム

会社員

正しい手続きが必要

5人組

知的財産を守る為に必要とされる特許申請は、法律の知識と解釈に長けている弁理士や弁護士に対応してもらうといいでしょう。申請する対象や内容によって対策が異なるので、リスクが少ない方法を選ぶようにしましょう。

詳しく見る

従業者の管理

オフィスワーカー

人事に関連する情報をひとまとめにすることができる人事管理システムは、業務効率化のカギを握るシステムです。特に連動しているシステムを使うことによって、組織の状態や改変に対して臨機応変に対応することができます。

詳しく見る

システム化する

会議室

業務を円滑に進める為に必要なことは、情報共有を徹底することが大事です。アナログな方法よりもシステムを駆使した方が早く実現できるので、社内で安全に使えるものを選びましょう。

詳しく見る

アナログは終わり

電卓

データ化にシフト

従業者の勤怠管理は、規定の就業規則を守っているかを確認すると共に、給与計算に関わる大事なデータに該当します。管理や入力ミスがあれば、それを元に算出しているものも連鎖的にミスが起こります。特に給与の計算ミスは、企業と従業者の信頼関係を損なうものなので、出来る限り企業の管理体制を強化した上で進める必要があります。
昔の管理方法は、出退勤も勤怠カードを使って打刻した上で人の手で計算するのが一般的でした。しかし、最近は勤怠管理もすべてシステム化が進み、クラウド上でデータを管理することが進んでいます。これは、人事管理システム自体がクラウド化したことに伴い、勤怠管理も合わせて一本化した方がメリットも多いからです。

リスクが少ない

クラウド上で管理される勤怠管理における最大のメリットは、情報共有をはじめ社内で扱いやすくなること。紙ベースのものだと、それぞれが独立した管理になるので集計やデータの整理が大変です。しかし、システムに統合されている場合はデータの閲覧はもちろんのこと、集計や変更が簡単にできます。また、紛失や改ざんのリスクが少なく、安全な状態でデータを保管できるところも大きいでしょう。データであるがゆえに危険性を伴うというイメージを持たれている人が多いですが、実際は機能面を駆使すれば簡単に改ざんできないようになっています。また、システムによっては監視システムを装備しているものもあるので、社内とシステムの両方で安全な情報管理体制を構築することができます。